腸活できれいに痩せる!乳酸菌で「ヤセ菌」を増やすダイエット

ダイエットはただ体重を落とすではなく、健康的かつきれいに痩せるのが今や常識。
しかし、きれいになりたいあまり無理なダイエットを行った結果、お腹の不調で悩んでいる方も少なくありません。 最近では健康的に痩せる手段のひとつとして、ダイエット中の腸活が注目されています。なぜダイエット中に腸活が必要なのか解説し、腸活に乳酸菌をおすすめしたい
理由について説明します。

ダイエット中の便秘を多くの人が経験!その原因は?

ダイエット中にお腹の不調を経験する方も多いのではないでしょうか?
その中でも特に、便秘による不調を訴える方が多いようです。
お腹の不調の多くはダイエットの方法が体に合ってないか、無理なダイエットをしている場合によく見られるようです。無理なダイエットをしていないか確認してみましょう。

食事制限・水分制限が厳しいダイエット

「太りたくないから食事の量を極端に減らす」「ある食品しか食べちゃいけないと決める」
「むくみ予防に水分量を制限する」このような制限が厳しいダイエットは、体重がぐんぐんと
減るので効果があると勘違いしやすいもの。しかし食事量や水分量を極端に減らすダイエットは、絶対にしてはいけない方法です。

食事量が極端に減れば便の材料である食物繊維も減るため、当然のように便の量が減少します。量が少なくなり排出されにくくなった便は腸内に居座るはめになり、便秘の悪化やガスが増加
する原因
に。また長時間居座った便のせいで腸内の悪玉菌が増えるため、体の不調を招く恐れもあります。

厳しい水分制限により便の水分も減ってしまうと、カチカチの固くて排出しにくい便にして
しまいます。もちろん便秘が悪化してしまい腸に長く居座ることで腸内環境が悪化、
さらに便が出にくくなるという悪循環を引き起こします。

いずれにしろ極端な制限をするダイエットはストレスもたまりがちになり、長続きしないと
いわれています。

野菜だけを食べるダイエット

サラダや温野菜などの野菜中心の生活に切り替えるのは、実は大きな落とし穴が待ち構えて
います。野菜だけ食べていれば余計な脂質を摂る心配がなく、ビタミン・ミネラルや食物繊維が豊富、しかも低カロリーなのでヘルシーだと考えがちです。

野菜のビタミン・ミネラル、食物繊維はもちろん体に必要な栄養素なので良さそうな食生活ですが、野菜だけの生活を続けると、体に必要な炭水化物やタンパク質が不足してしまい栄養が
偏ってしまいます。

ダイエット時はビタミン・ミネラルだけでなく、エネルギー源となる炭水化物やタンパク質も
必須
炭水化物の不足は疲れやすく集中力低下やめまいなどの体調不良を引き起こし、
タンパク質不足は筋力低下、髪や肌のトラブルなどを引き起こします。

もし野菜だけのダイエットに成功して体重が減ったとしても、いずれリバウンドする可能性が
高いでしょう。

野菜をふんだんに摂取することはもちろん、お肉や魚、豆製品などタンパク質が豊富な食材と、ごはんやパン、麺類など炭水化物をバランス良く摂取することがダイエット成功の近道と
心がけましょう。

便秘解消のために便秘薬を常用する

便秘によってお腹が苦しい時は、便秘薬に頼ってすっきりさせるのもひとつの方法。
しかし便秘薬を毎日のように常用するのは絶対に避けましょう。
便秘薬を常用するうちに腸が薬の刺激に慣れてしまい、いずれ自力で便秘解消する力が衰えてしまいます。

また、便秘薬は腸に刺激を与えて早く詰まりを外に出させようとするもの。
便秘薬の刺激のせいで、必要な栄養を腸で吸収する前に外に排出させてしまうため、
常用すればするほど栄養不足に陥ってしまうことも考えられるのです。

便秘薬使用によって減った体重は、単に便や水分が出た分だけ軽くなるせい。
ほんとうの意味でのダイエットではないことを覚えておいてください。

ダイエットの時こそ腸活を意識!善玉菌を増やそう

無理をせずにダイエットを続けたいなら、腸内環境を整える「腸活」がとても重要。
ワシントン大学の研究によると、同じ食事内容でも太りやすい体質と痩せやすい体質に分かれるのは、腸内細菌が大きく関わっているのが原因という結果があります。

腸内環境は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスによって決定。善玉菌は腸の運動を促して、悪玉菌が増えるのを抑えます。主な善玉菌として、ビフィズス菌や乳酸菌、アシドフィルス菌などがあげられ、食物繊維やオリゴ糖をエサに増える特徴があります。

悪玉菌は逆に腸内で有害物質を作り出し、腸内環境を悪化させる菌。悪玉菌は主にウェルシュ菌
などがあげられ、悪玉菌が増加すると便秘や下痢などのお腹のトラブルの原因になるといわれています。動物性タンパク質の摂りすぎや脂質の摂りすぎは、悪玉菌が増える原因です。

日和見菌は 腸内に多く生息する菌の方に味方をする性質があり、善玉菌が多いと善玉菌の
味方、悪玉菌が多いと悪玉菌についていきます。

善玉菌の多い腸内環境は、腸の活動がスムーズで悪玉菌の増殖が抑えられています。
善玉菌を増やすこと意識した「腸活」を心がけましょう。
毎日の食生活では食物繊維が豊富な野菜を増やし、オリゴ糖を取り入れてみましょう。

悪玉菌の増殖をうながすタンパク質や脂質の摂りすぎには気をつけてくださいね。

1兆個の乳酸菌ゼリーでいつでもどこでも快腸生活

毎日の食生活に気を配るのは「腸活」において大切なポイント。
しかし毎日忙しい私たちは、細かい食事内容や食品の取り合わせにまで気を配れないことも多いものです。そんな時、普段の食事にプラスできる乳酸菌を活用みてはいかがでしょうか。

「1兆個の 乳酸菌ゼリー」はその名の通り1つのスティックに乳酸菌が1兆個も配合された
ゼリー
。コンパクトなスティックパウチなので持ち歩きしやすく、いつでもどこでも食べられるのがメリット。

1つのスティックに乳酸菌と、乳酸菌のエサとなる食物繊維とオリゴ糖が一緒に配合されて
います。食物繊維が1.8g/1本、 ラクチュロース (オリゴ糖)が150mg/1本と配合されているのでこれ1本食べるだけでOK。食品の取り合わせを気にすることなく、善玉菌が増える食生活が
簡単に実現します。

しかもゼリー1本あたりのカロリーが4.6kcalとダイエット中でも心配いらず。
バタークッキー1枚で約56kcalといわれていますので、低カロリーなのがわかりますね。

1日1本だけ食べればよいので負担にならずにいつでもどこでも手軽に腸活が実現。
スティック状パウチでスプーンなしで食べられるのもメリット。
スッキリとしたヨーグルト味は、甘いものが食べたいときや小腹が空いた時のおやつとしても
おすすめです。

まとめ

ダイエット中の極端な食事・水分制限は、体重が減りやすくても長くは続きません。
逆に腸内環境の乱れを起こし、不調の原因になりかねません。
ダイエットは腸内環境が大きく関わっています。腸内環境を整えるためにバランスの良い
食生活に気を配りつつ、さらに乳酸菌をプラスするのもよいアイディアです。
乳酸菌ゼリーで、あなたも手軽に腸活を始めてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です