肌が刺激を感じやすくなったら敏感肌のサインかも!?肌が敏感になった時におすすめのお手入れ方法をご紹介

「最近肌がひりひりするな」「なんだかいつもより肌トラブルが起きやすくなったかも」
などと、肌が刺激を感じやすくなったら、それは敏感肌のサインかもしれません。
季節の変わり目による外界変化やホルモンバランスの乱れ、ケア不足などで誰しも敏感肌に
なってしまう可能性を秘めています。
しかし、自分が敏感肌になっているとは思わずに、「肌からのサインに気づけない」
「少し異変は感じるものの普段のケアの見直しはしていない」なんていう方も多いのでは
ないでしょうか。

そこで今回は、そもそも敏感肌とは?ということから敏感肌さんにおすすめのお手入れ方法を
5つご紹介していきます。この記事を読んで、敏感肌のサインに気付けるように、
また肌が敏感になってしまった時にお手入れ方法を見直せるような知識を身につけて
おきましょう。

そもそも敏感肌とは?

化粧品売り場で「敏感肌用」、「敏感肌の方におすすめ」という文言をよく見かけることがあると思いますが、「自分は敏感肌なのかな?」「敏感肌ってどんな肌状態なのだろう?」と敏感肌について疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。
そこでまずは、敏感肌とはどんな肌状態であるのか、どんな症状が敏感肌のサインなのかを
ご紹介していきます。

敏感肌とはどんな状態?

敏感肌とは、少しの刺激で肌トラブルが起きやすくなってしまった肌状態のことを言います。
肌に備えられたバリア機能が弱まっているので、外部刺激が肌の内部に伝わりやすくなって
います。また肌内部の水分も蒸発しやすい状態。「肌がゆらぎやすくやすくなってきた」
「肌の乾燥がひどい」などという場合は肌状態が敏感肌に傾いている可能性があります。
皮膚が薄く肌が弱いという生まれつき敏感肌の方もいますが、大半は後天的なものです。
季節の変わり目やホルモンバランスの乱れなど原因は様々なので、日頃から自身の肌状態をよく観察してあげることが大切です。敏感肌かも…と感じたら日頃のケアを見直してみましょう。

敏感肌のサインは?

敏感肌のサインは様々ですが、例えばこのようなものがあります。
「いつもよりも肌トラブルが多い…」と感じたら敏感肌を疑ってみましょう。

☑︎最近ストレスを感じており、肌荒れをしやすくなった
☑︎普段使っている化粧品で突然赤みや痒みなどの肌トラブルが起きた
☑︎肌が乾燥し、ひりつきを感じる
☑︎マスクの摩擦で肌が赤みを帯びている
☑︎月経前後で肌トラブルが多い

特に気をつけたいサインは、「マスクとの摩擦による炎症」
最近はマスクをする機会が増えたので、マスクとの摩擦で肌が敏感肌に傾きやすくなっている
傾向があります。サインを見逃さないように注意して下さいね。
また敏感肌のサインを感じたら、敏感肌向けに普段のお手入れ方法を見直してあげるように
しましょう。

【敏感肌さん必見】おすすめのお手入れ方法をご紹介

それでは、敏感肌さんにおすすめのお手入れ方法を5つご紹介していきます。
普段のケアで気をつけて欲しいポイントをまとめているので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

①セラミド配合の化粧品でケア

セラミドは、肌が元々持っている保湿成分のひとつです。
敏感肌は肌が過敏になっている状態なので、肌本来に備わった成分で優しくケアをしてあげるのがおすすめです。セラミドを積極的に補うことで、肌のバリア機能を手助けしてくれます。
「最近肌がゆらぎやすい…敏感肌かも…」と感じたらセラミド配合の化粧品でケアをして
あげましょう。セラミド配合の化粧品は、薬局などでも販売しているので比較的手軽に入手することができますよ。

②洗顔の温度を見直して

気をつけている人は少ないかもしれませんが、「洗顔の温度」は美肌を作る上でとても重要な
ポイントです。熱すぎる温度での洗顔は、肌に必要なうるおい成分や皮脂までも洗い流して
しまいます。その結果、敏感肌の状態に導かれてしまうことも。
特に注意が必要なのは、お風呂の中での洗顔です。身体を洗っている温度でそのまま顔の洗顔を行ってしまう方が多いので要注意です。逆に冷水での洗顔は、落とすべき汚れがきちんと
落ちない可能性があるのでおすすめはできません。洗顔の最適な温度については諸説ありますが、「ぬるま湯」を意識してみて下さい。人肌よりも少し温かい位の温度がおすすめです。

③肌への摩擦をシャットアウト

肌への摩擦をできるだけシャットアウトしましょう。
敏感肌は肌が刺激を受けやすい状態なので、少しの摩擦でも肌トラブルに繋がってしまいます。意外にも日々生活の中で肌へ摩擦を与えてしまう場面は多いもの。
以下に挙げた例を参考に、自身の行動を見直してみて下さいね。

☑︎洗顔はよく泡立てて、手が肌に触れないように行う
☑︎タオルで水分を拭く時は、こすらずに軽く押すようにする
☑︎自宅にいる時は、髪の毛が肌に触れないようにする
☑︎ピーリングなど角質除去成分が含まれているものはなるべく使わない
☑︎スキンケア時にもなるべく肌をこすらないことを念頭におく
☑︎マスクは摩擦の起きにくい柔らかい素材のものに変える

④保湿ケアを入念に

敏感肌は肌のバリア機能が弱まっている状態なので、肌内部の水分が蒸発しやすくなって
います。そのため、敏感肌になると肌の乾燥が進みやすくなってしまうことも。
そんな状態の肌には、保湿ケアを入念に行ってあげることがとても重要です。
特に「化粧水の量」は見直したいポイントです。肌も保持できる水分量は決まっているので
多ければいいという訳ではありませんが、化粧水の量があまりにも少なすぎると、
十分な保湿ケアは行えません。メーカーが提示している量は必ず使うようにしましょう。
また化粧水などは、手のひらで人肌に温めてから塗布すると肌への浸透がよくなるのでおすすめです。効果的な保湿ケアを手助けしてくるのでぜひ実施してみて下さいね。

⑤肌に刺激の強い成分は避ける

肌に刺激の強い成分が配合されているスキンケアはできるだけ避けましょう。
敏感肌のお手入れで特に避けて欲しい成分は「アルコール」です。
健康な肌であれば問題はありませんが、敏感肌にはしみてしまったり、赤みが出てしまったりと少し刺激的。「ノンアルコール処方」などアルコールが配合されていないスキンケアを選ぶようにしましょう。「低刺激処方」や「敏感肌パッチテスト済み」などと記載のあるものも肌に
優しい処方になっているのでおすすめです。

またアルコールに限らず、肌に刺激となる成分は人によっても違ってきます。
肌に塗布した時に、ピリッとした感覚や赤みなどの症状が出てしまったら、今の自分の肌には
刺激となっている証拠です。使用は中止して、一旦低刺激タイプのスキンケアに切り替えて
みましょう。

敏感肌かも…と思ったら普段のお手入れを見直そう

そもそも敏感肌とは?ということから敏感肌さんにおすすめのお手入れ方法を5つご紹介して
いきました。敏感肌とは、少しの刺激で肌トラブルが起きやすくなってしまっている肌状態。
「普段使っている化粧品で肌トラブルが起きた」「肌のピリつきや乾燥が気になる」などという敏感肌のサインを感じたら、普段のお手入れ方法を見直すチャンスです。
お手入れ方法に少し気をつけるだけで、どんどんと健康的な肌に近づいてきます。
日頃から自身の肌状態に目を向けて、少しでもいつもと違う異変を感じたら、それに対する
アクションを行ってあげることが大切です。今回ご紹介した敏感肌さん向けのお手入れ方法を
参考に普段のケアを見直してみてはいかがですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です