糖質制限ダイエットに大活躍!ヘルシーで健康に役立つダイエット麺の秘密にせまる


ダイエット食品はさまざまなものが発売されていますが、中でもカロリーや糖質を気にせずにダイエット中でも食べられるダイエット麺が人気です。

ダイエット麺とはいったいどういう麺なのでしょうか?その秘密に迫ります。

ダイエット麺とは?

ダイエット時や糖質制限中でも気軽に食べられるダイエット麺。
どのような特徴があるのでしょうか?簡単にまとめてみました。

こんにゃくなど低カロリー食品を原料に作られた麺

一般的にダイエット中はあまり麺類を食べないほうがよいとされています。
その理由は高カロリーであることと、糖質(炭水化物)が多いこと。
特に最近人気の糖質制限では、糖質が多く含まれる麺類を避けるようにいわれています。

ダイエット麺の原料は、こんにゃくやおからなどの低カロリーで糖質が少ない原料から作られています。
ダイエット中だからといって食べたいものを食べられないのはストレス。
ダイエット麺なら、気兼ねなく麺類を食べたいときに食べられるのがメリットです。

糖質制限中にもうれしい主食

ダイエット麺は糖質制限ダイエット中にもうれしい食材です。
糖質制限ダイエットは、その名の通り糖質(炭水化物)の摂取量を制限して痩せる方法。
糖質の多い麺類は食べないほうがいい食材としてリストアップされています。


たとえば、ゆでうどんの一人前(250g)の糖質は52g、カロリーは約260kcalです。
ご飯の場合は一人前(160g)の糖質は約58g、カロリーは269kcal。
ダイエット麺の場合、製品にもよりますが一人前の糖質がゼロもしくは少量の糖質、一人前のカロリーは0〜10kcal程度の低糖質・低カロリーに作られているので、糖質やカロリー摂取オーバーの心配なく食べられるのです。

糖質量と体への影響

糖質のとりすぎはダイエットに影響があるだけでなく、体に悪いと聞きます。
また全く糖質をとらないもの体には悪影響だとか。
一体どのくらいの糖質を摂取するのが正解なんでしょうか?

糖質のとりすぎはよくないがとらないのも問題

糖質制限ダイエットは低炭水化物ダイエットとも呼ばれ、一日の糖質量を制限して痩せるダイエット。
一日あたりの糖質を70〜130g内に制限して行うのが一般的です。
ではなぜ糖質を排除してゼロに制限しないのでしょうか?

糖質のとりすぎがよくない理由が、糖質を摂りすぎて余った糖質が脂肪として貯蔵されてしまうから。

つまり糖質のとりすぎは太る原因。しかし、糖質摂取を完全に排除してしまうのは大問題です。

糖質を完全排除した生活を続けるには、糖質の代わりに肉などで補わなければなりません。
しかし肉中心の生活は脂質の過剰摂取になり、後々動脈硬化などの生活習慣病のリスクが急上昇します。

さらに糖質は私たちの活動のエネルギー源。
完全排除すると、エネルギー源を失った体は筋肉を壊してエネルギーを作り出そうと暴走を始めてしまうのです。


糖質のとりすぎは肥満の原因になり、摂取しないと健康上の問題がおきてしまいます。
糖質はバランスよく摂取することが重要です。

糖質のバランスの取れた食生活とは

では糖質は一日どのくらいの量を摂取するのが理想的なんでしょうか?

厚生労働省の日本人の食事摂取基準(2020年版)によると、炭水化物の食事摂取基準は、一日あたりの総摂取カロリーの50~65%を炭水化物(糖質+食物繊維)で摂取することが理想的とされます。

たとえば18〜29歳女性の場合、一日の推定エネルギー必要量は2,000kcal。
50~65%の炭水化物は、2,000kcal×0.5~0.65=1,000kcal~1,300kcalになります。
炭水化物は1gあたり4kcalなので、ざっと250g~325gの炭水化物が必要な計算です。


では、糖質制限ダイエットの場合はどうでしょうか?
ダイエット中でもおいしく楽しく適正糖質を取ることを推奨している「一般社団法人 食・楽・健康協会」の基準によると、1食あたり20〜40g、デザートは10g以下を目安に、1日あたり70〜130gに糖質を抑えることを勧めています。

今の糖質制限ダイエットは、無理して糖質を排除するのではなく、食事を楽しめる範囲で糖質を抑えることを重要視しているんですよ。

ダイエット麺に含まれる食物繊維について

市販されているダイエット麺の多くが食物繊維を含んでいます。
なぜ食物繊維を含んでいるのでしょうか?その理由とメリットについて調べてみました。

食物繊維は不足しがちな栄養素

食物繊維は、日本人が不足しがちな栄養素いうことをご存知でしょうか?

厚生労働省の「平成29年国民健康・栄養調査」によると、18〜64歳の一日あたりの食物繊維の推奨量が男性21g、女性18gに対し、すべての年代で食物繊維の不足がわかりました。

特に20〜29歳の男女共に食物繊維がかなり不足しており、男性の推奨量21gに対し実際は12.5g、女性の推奨量18gに対し、実際は11.5gと低水準であることが判明。
食物繊維の摂取が足りなくなった理由として、食生活が変化し、西洋化してきたことがあげられています。

では、食物繊維が足りなくなると体にどのような変化が起こるのでしょうか?
また食物繊維を摂取するメリットは何なのでしょうか?

食物繊維を摂取するメリットとは?

食物繊維を摂るのは、おなかの調子を整えるためだけではありません。
血糖値上昇をゆるやかにする効果やコレステロールを下げる効果、ダイエット効果があることが最近の研究でわかってきました。

  • おなかの調子を整える効果:食物繊維は腸内に住むビフィズス菌などの善玉菌を増やしてくれるもとです。善玉菌が増加すると腸内環境が良くなり、便秘改善やお腹の張りの減少、ガスの量が減るなどのおなかの不調改善が期待できます。
  • 血糖値上昇を下げる効果:食物繊維が小腸での糖の吸収をゆるやかにするため、食後血糖値の上昇がゆるやかになることがわかってきました。
  • コレステロールを下げる効果:コレステロールを変換して作られる胆汁酸の再吸収を妨げ、排出させる効果があります。再吸収される量が少なくなるために、コレステロールの上昇を抑えます。
  • ダイエット効果:食物繊維が血糖値の急上昇を抑えるために、糖を脂肪として蓄えずにエネルギーとして使用。結果的にダイエットに効果があるといわれています。


このように食物繊維の摂取はいいことづくめ。
ダイエット麺に食物繊維が含まれているのは、美容と健康に役立つからなんですね。

6kcalダイエット麺の特徴

ダイエット麺の中で特におすすめしたいのが
「6kcalダイエット麺」


とにかく簡単手間なしで糖質もカロリーも気にすることなく食べられるのがうれしい麺です。

水洗い・下ゆでなしですぐ食べられる

6kcalダイエット麺はこんにゃくベースのダイエット麺。

一般的なこんにゃくは臭み抜きのため下ゆでが必要ですが、6kcalダイエット麺下ゆで、水洗いせずにそのまま食べられます。

たとえば鍋焼きうどんのように煮ても煮崩れしないので、温かい麺料理にも使えてアレンジが無限。
もちろんサラダ麺やそうめんのように冷たい麺料理にも使えます。

お腹が空いたときに下ごしらえ不要で、ぱぱっと準備できるのがうれしいですよね。

6kcalダイエット麺に含まれる食物繊維

6kcalダイエット麺にも不足しがちな食物繊維が一袋あたり5g含まれています。
これ一袋で女性の食物繊維推奨量の約1/3が摂取できます。

さらに食物繊維を摂取したければ、ダイエット麺をサラダ麺にアレンジしたり、具だくさんラーメンやうどんとしてアレンジしてみたりするのもよい方法ですね。

まとめ

低カロリーで糖質ゼロのダイエット麺は、食物繊維を含んでおり糖質ダイエットだけでなく健康管理にも役立ちそうな食品です。
アレンジ次第で栄養価をさらにプラスできるものうれしいですよね。

ダイエットはできるだけストレスフリーで続けたいもの。
今回の記事を参考に、6kcalダイエット麺を活用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です