ダイエット中の間食は太らない!うずらの卵はダイエット中のおすすめおやつ


ダイエットは食べたいものを我慢して一生懸命運動する。
そんなイメージを持っていませんか?


実は食べずに我慢するダイエットより、我慢しないで間食を取り入れたほうが痩せるといわれています。今回はダイエット中に間食を食べても太らない理由と、ダイエット中におすすめのおやつを紹介します。

ダイエット中のおやつがOKな理由と食べ方

ダイエット中の間食はいっさい禁止と思っていませんか?
確かに、ダイエット中なのに甘くて高カロリーなおやつを食べてしまうのは考えものですが、おやつの内容をしっかり吟味すれば、ストレス解消になりリバウンドを防ぐことも可能。
ダイエット中のおやつが大丈夫な理由と食べ方について説明します。

基礎代謝量以下のカロリー摂取はリバウンドを呼ぶ

そもそも私たちが太るのはどうしてなのでしょうか?
簡単に言うと、からだを動かして得る消費カロリーより食べる摂取カロリーが上回ってしまったからです。

痩せるためにはその逆、摂取カロリーより消費カロリーが上回るように調整するだけなのですが、現実はそう簡単にはいかないもの。
運動したくても暇がないなどの理由から、多くのダイエッターは食事制限という方法を選びます。

食事制限はカロリーを制限する方法、糖質を制限する方法があります。
それぞれ食事内容を普段よりも少なくしますが、中には痩せたいために断食や超低カロリー食、糖質を一切摂取しない糖質制限など極端な食事制限に走ってしまう場合も。

私たちの消費カロリーの中には、生きるために息をしているだけでも消費されるカロリーがあります。これが基礎代謝です。
もし基礎代謝を無視して極端なダイエットを行えば、一時的に体重減少してもいつかリバウンドを起こし、体調が悪くなる可能性があります。


ダイエット中は基礎代謝以下の食事摂取は厳禁
もし一回の食事量があまり取れないのだとしたら、適度に間食を取り入れて栄養補給し、バランスのよい食事を目指すのがダイエットの近道といえるでしょう。

おやつ摂取でドカ食い予防

学校や仕事が忙しく、食事の間隔が空いてしまうという方がいらっしゃいます。
この場合、お腹が空きすぎて、次の食事にたくさんの量を食べてしまう「ドカ食い」をしてしまう恐れがあります。

ドカ食いが恐ろしいのは、大量に食べることによる血糖の急上昇です。


血糖が急上昇すると、血糖を下げようとインスリンが放出。
インスリンは消費されなかった余分な糖を脂肪に変化し、蓄積するよう働きかけます。
つまり、急激な血糖の急上昇は体脂肪が増えるリスクがあるのです。

ドカ食いを防ぐには、食事と食事の間の時間に、軽くおやつを食べること。
おなかが満たされれば次の食事は大量に食べなくても満足するようになります。

ダイエット中のおやつは小分けで糖質が少なめなものを

おやつは栄養補給の意味もありますが、気分転換やちょっと一息などのリラックスのためにもある時間。
楽しいおやつ時間ですが、食べすぎはカロリーオーバーとなり太る原因になりかねません。

食べ過ぎを防ぐには一回分が小分けになっているおやつを選ぶのがおすすめ。
1日に200kcalの間食が適量だといわれていますが、毎日の食事内容全体と照らし合わせて、摂取カロリーが消費カロリーをオーバーしない範囲で調節してみましょう。

また、ケーキなどの糖質がたっぷりのおやつは血糖の急上昇を招く恐れが。

糖質が少なめでヘルシーなおやつ、たとえばナッツ類やドライフルーツ、ビタミン類が多い果物、タンパク質が多い卵、サラダチキンなどがおすすめ。

中でもおやつに特におすすめしたいのが、うずらの卵なんです。

うずらの卵が持つ栄養とは?

うずらの卵は中華料理やおかずの脇役として登場する小さな卵。
実は栄養の宝庫でダイエット中におすすめしたい食材です。
うずらにはどのような栄養素が含まれているのか調べてみました。

ビタミンB12

ビタミンB12は水溶性ビタミンという水に溶けるビタミンの仲間で、貧血に役立つビタミンとして知られています。

ビタミンB12はビタミンB郡の仲間とともに、体内のエネルギーを作り出す代謝サイクルのサポート役です。
特に葉酸とビタミンB12は、赤血球に含まれるヘモグロビンの生成に関わる重要なビタミン。
ビタミンB12が不足すると、赤血球の減少や、悪性貧血の一種である巨赤芽球性貧血の原因
になります。

ビタミンB12が含まれる食品は、魚介類やレバー、卵など。
うずらの卵には鶏卵の約5.2倍のビタミンB12が含まれています。

ビタミンA

ビタミンAは脂溶性ビタミンの一種で、サプリにもよく含まれている成分。
レバーや卵、バターなど動物性の食品に多く含まれています。
また、ビタミンAの前駆体であるプロビタミンAは、にんじん、ほうれん草などの緑黄色野菜に含まれています。
β-カロチンという栄養を耳にしたことがあるかもしれませんが、これがプロビタミンAの仲間のひとつなんです。

最近化粧品に「レチノール」というビタミンAの活性型が使われることが多くなりました。
これはビタミンAに肌や粘膜を健康な状態に導く働きがあるからです。
うずらの卵にもビタミンAが豊富に含まれており、100gあたりのビタミンAが鶏卵の2.5倍。
お肌のコンディションが気になる方におすすめです。

ただ、ビタミンAは取りすぎると肝臓に蓄積される性質があります。
普通の食事では蓄積されることがありませんが、ビタミンAサプリのとりすぎには十分に気をつけてください。

DHA

DHAはドコサヘキサエン酸という脂肪酸の一種。
私たちの体内には存在せず、食事からしか摂取できません。
DHAは主に青魚に多く含まれており、乳幼児の脳や神経の発達には欠かせない栄養素。
うずらの卵には鶏卵の約2倍のDHAが含まれます。

その他の栄養成分

うずらの卵は鶏卵と同じくタンパク質が豊富。
1個は10g前後、カロリーは1個で23kcalの小さな卵ですが、鶏卵とうずらの卵100gあたりで比較すると、鶏卵12.3g、うずらの卵は12.6gと大差ありません。
ほかにもうずらの卵には鉄分、ビタミンB1、ビタミンB2なども含まれていて、栄養バツグンです。

「うずらつけたま」のおすすめポイント

栄養豊富なうずらの卵を食卓に取り入れたいけれど、小さな卵をゆでて殻をむくなんて大変ですよね。
また、うずらの水煮は取り入れやすいけど、量が多くて使いみちに困る。


そんなときにおすすめなのが「うずらつけたま」

味付け卵なので、そのまま食べても、アレンジしてもおいしいんです。

低カロリーで食べやすい

うずらつけたまは一袋約38gの食べきりサイズ。
国産のうずらの卵に藻塩と鰹節のだしでじっくり煮込み、仕上げました。
卵の中までしっかりと塩味が染み込んでいるので、そのままおやつとして食べても十分なおいしさ。

また、一袋のカロリーが73kcalと少なめ。
おやつに一袋食べきってしまっても、間食の適量だといわれる200kcalより少ないんです。
おやつの食べ過ぎを防げるのがうれしいですね。

アミノ酸スコア100のバランス食

タンパク質は20種類のアミノ酸によって構成されており、うち9種類は人間の体内では合成できない必須アミノ酸というものです。必須アミノ酸は食事から摂取するしか方法がありません。

9種類の必須アミノ酸のバランスが取れているかどうかを数値化した指標が、アミノ酸スコアです。
うずらつけたまはこのバランスが理想的といわれている100ポイント(満点)。

低カロリーでアミノ酸のバランスもよいうずらつけたまは、ダイエット中でもカロリーや栄養バランスの心配をせずに安心して食べられるおやつですね。

まとめ

ダイエット中は間食を食べても大丈夫です。

そのためには朝・昼・晩の3食と間食分をすべてまとめて、一日の総摂取カロリーとして考えることが大切。
ダイエット中のおすすめの間食は、糖質が少なく栄養が豊富なものがよく、さまざまな種類の中でもうずらの卵がおすすめだといえます。

しかし、うずらの料理の手間ひまを考えると、市販で手間のいらない「うずらつけたま」を活用してみるのもいいかもしれません。
まずは無理せず楽しめるダイエットから始めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です