キトサンと葉酸がとれるよくばり明日葉青汁で毎日元気!原料や種類、飲み方もご紹介

青汁は健康によいと聞くけど、具体的に何が入っているか、何が原料なのかよく知らないという方も多いはず。
青汁の原料や種類、飲み方について、青汁を飲むことでどのような体の悩みに対応できるのか、青汁を飲む目的について調べてみました。



青汁ってそもそも何?飲むタイミングは?
青汁のあの独特な緑色は、どのような原料が使われているのでしょうか?
青汁の原料や種類、飲み方についてまとめました。

青汁の種類

青汁とは、ケールや大麦若葉、明日葉などの緑色の野菜を絞った野菜汁のことを指します。
しぼりたての野菜汁を冷凍して、解凍して飲むタイプの生の青汁もありますが、野菜汁をフリーズドライ加工などの乾燥過程を経て粉末状にしたもの、タブレット状にして飲みやすくしたものなどいろいろな種類が販売されています。

青汁を飲む目的とは

青汁を飲む目的はさまざまです。

まず野菜不足を補う目的で青汁を飲むこと。
毎日忙しい私たちは、毎日しっかり野菜を取りたくても準備が出来なかったり、そもそも食事時間がちゃんと摂れなかったりなどの問題がおきがちです。
緑色野菜の搾り汁から作られた青汁は、ビタミンやミネラルなど多くの栄養素を含んでいるので、不足しがちな野菜の栄養を補えます。


また、健康と美容を目的として青汁を飲む方も多くいらっしゃいます。
青汁に含まれている栄養は、健康と美容をサポートする役割が期待できます。
野菜に含まれるさまざまなビタミン・ミネラルは健康や美容に効果があると期待されているものが多く、中には抗酸化作用を期待されるものもあります。
いつまでも健康でいたい、若々しくいたいという方は、毎日の食卓に青汁をプラスだけなので手間いらずです。


青汁の種類によっては、便秘などのおなかのトラブルに対応したものも発売されています。
これは野菜に含まれる食物繊維によるもので、食物繊維は便を排出しやすくし、腸内環境を整える効果が期待できるからです。

いずれにしろ、人それぞれ青汁を飲む目的があります。最近の青汁には野菜汁だけでなくフルーツや抹茶、はちみつなどを加えて飲みやすくしたもの、健康や美容のために乳酸菌や酵素などの成分をプラスしたものなどさまざまなので、目的に合った青汁を選択すれば大丈夫です。

青汁の飲み方

青汁は基本的にいつどのタイミングで飲んでも大丈夫です。
ただ、毎日続けたほうが体に表れるポジティブな変化を感じやすいかもしれません。
青汁を飲む習慣をつけるためには、毎日決まった時間に飲むことが大切。
ライフスタイルに合わせて飲むタイミングを決めるとよいでしょう。

たとえば朝起きてからすぐの水分補給、食事前や後の飲み物として、おやつや休憩時間のほっとひといきのお供に、入浴後や寝る前の水分補給、運動後の水分補給など青汁を飲むタイミングとしてよさそうです。

「キトサンと葉酸がとれるよくばり明日葉青汁」がおすすめの理由

「キトサンと葉酸がとれるよくばり明日葉青汁」は、明日葉の青汁にキトサンと葉酸をプラスし、不溶性食物繊維も豊富。どのような健康への悩みに対処できるのでしょうか。

キトサンの効果でコレステロールダウン

キトサンはカニやエビの甲羅や殻に存在する多糖類という炭水化物の一種。
キトサンを食べても胃腸では消化されない特性があり、動物性の食物繊維とも呼ばれています。

実はキトサンは厚生労働省で機能性表示食品として定められています。
「トクホ」という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは「特定保健用食品」の略。
トクホに定められた食品は、体に対し よい作用があると厚生労働省に認められているのです。では、キトサンの持つ「トクホ」の効果とは一体どんなものなのでしょうか?

キトサンはコレステロールを低下させる効果が期待できます。
キトサンは脂肪やコレステロールの再吸収をする胆汁酸と結びつき、そのまま便と一緒に体外に排出させる効果があるといわれています。キトサンが脂肪やコレステロールの再吸収をブロックするため、血中コレステロール濃度が低下するのです。

実際にコレステロール値が高い方にキトサンを摂取してもらい、キトサンを摂取しないグループとコレステロール値を比較した実験では、キトサンを摂取したグループの悪玉コレステロール(LDL)と総コレステロール値の低下が見られたそうです。

明日葉の持つパワーについて

明日葉は昔から滋養強壮の薬草として使われてきた野菜の一種。
房総半島や三浦半島など太平洋側の暖かい地方で主に栽培されています。明日葉は「今日葉を摘んでも明日には新しい葉が出ている」と意味から明日葉というそう。明日葉の旬は春でおひたしや胡麻和えで食べられていますが、独特の苦味があるため、食用よりも青汁やサプリに利用されることが多いです。

明日葉を切ると黄色いネバネバが出てきますが、これはカルコンと呼ばれるポリフェノールによるもの。抗菌・抗酸化作用が期待できるといわれています。もうひとつ、クマリンというポリフェノールも含まれており、抗菌作用があるとされます。

また明日葉はほうれん草やケールよりもβカロチンが多く含まれます。
βカロチンは体内でビタミンAに変換され、お肌のハリやツヤ、髪の健康に関わるといわれています。

そして明日葉には食物繊維もたっぷり。明日葉100gあたりの食物繊維はレタスの4倍ほどの3.7g。「キトサンと葉酸がとれるよくばり明日葉青汁」にも1包あたり2.0gの食物繊維がたっぷりと含まれているんです。

葉酸をプラスして元気な毎日

葉酸とは水溶性ビタミンB群のひとつで、血液中の赤血球の生成やDNA合成には欠かせない栄養素です。特に赤ちゃんの体の組織を作るときに必要になる栄養素なので、妊婦さんは積極的な葉酸の摂取をすすめられています。

最近の研究結果では、葉酸にはホモシステインというアミノ酸を減少させる効果がわかってきました。ホモシステインの発生は、脳の萎縮や動脈硬化などの原因に関わっているのではないかと考えられています。葉酸を積極的に取り入れることで、体の内側から元気になる効果が期待できるのです。

「キトサンと葉酸がとれるよくばり明日葉青汁」には、1包に葉酸が400μg(マイクログラム)含まれています。厚生労働省がすすめる1日あたりの葉酸摂取量は240μg、1包で十分な葉酸を摂取できます。

難消化性デキストリンでスッキリおなか

とうもろこしの粉末から作られた、水に溶けない性質を持つのが難消化性デキストリンです。
水溶性食物繊維と同じく、おなかの調子を整えて、便通をよくする整腸効果が期待できますが、ここで注目したいのは難消化性デキストリンの持つ、食後の血糖値上昇をゆっくりにさせる働きです。

食事に含まれている糖質は小腸で消化・吸収されて肝臓に送られます。
しかし急激に糖質が上がると膵臓からインスリンが大量に分泌、糖を脂肪に変換して貯めこもうと働いてしまい、肥満の原因になるといわれています。

食事と難消化性デキストリンを一緒に摂取すると、難消化性デキストリンの食物繊維の働きにより糖の吸収スピードがゆるやかになり、血糖値の上昇もゆるやかになることがわかってきました。結果として糖を脂肪として貯め込まなくなるため、肥満予防に効果が期待できるのです。

「キトサンと葉酸がとれるよくばり明日葉青汁」を飲む際の注意

「キトサンと葉酸がとれるよくばり明日葉青汁」を飲む際に気をつけたいのは、普段の食生活をバランスよく保つことです。
さまざまな効果があるといわれる成分が入っているからと、青汁だけ飲めば健康に効果があるというものではないこと。普段の食生活がバランス良く保てているからこそ、サポート役の青汁がパフォーマンスを発揮するのです。また、青汁の量をたくさん飲めば健康になるというものではないため、一日の摂取量を正しく守ってくださいね。

まとめ

青汁はどのようなものなのか、また「キトサンと葉酸がとれるよくばり明日葉青汁」に含まれている栄養と、健康への効果について説明しました。
青汁は続けて飲むことで、体の内側から健康をサポートし、本来のパワーを発揮します。

まずは、毎日の健康習慣のひとつとして「キトサンと葉酸がとれるよくばり明日葉青汁」をはじめてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です