若々しいお肌に 持続型ハイドロキノン配合フェイスクリーム kasumi.(カスミ)

商品説明

こんなお悩みありませんか?
・お化粧前に鏡を見るのが嫌になってきた
・ファンデーションなしで素肌を見せることは怖い
・友人とのお風呂上りや汗をかいた後は目線が不安
・美容ケアのシミ※対策に何度も挫折してきた
・シミ※対策するとお肌が乾燥してしまうと思っている

※日焼けによるシミを防ぐ

ケアしているつもりでも実は増えているシミ※の恐怖。
放っておくと、取り返しがつかないことになるかもしれません。
※日焼けによるシミを防ぐ

特に、女性の目元、Cゾーンは、女性の顔まわりのシミ※のお悩みで気になる部分第一位なのです。※日焼けによるシミを防ぐ

さらに、なんと、日ごろの美容ケアを怠ると、7.3歳も老けて見えるという調査結果もあります。
※調査方法:インターネット調査 調査期間:2018年12月27日~2019年1月7日 調査対象:全国の20代~60代の女性500名

なので、Cゾーンのケアは若々しく見せるための非常に重要なエリアなのです。

ですが、化粧水やクリームのケア成分は塗った直後から酸化が始まり、熱や光の外からの刺激を受けているということをご存じでしたか?

そこで、kasumi.(カスミ)は持続型ハイドロキノンに注目し、持続性を一番に考えたシミ※ケアクリームを開発しました。
※日焼けによるシミを防ぐ

おかげさまで、大好評にてシミ※ケアクリームとして3冠達成
・美意識が高い女性が選ぶポイント集中シミケアクリーム 第1位
・継続して利用したいポイント集中シミケアクリーム 第1位
・ポイント集中シミケアクリーム品質満足度 第1位

※日焼けによるシミを防ぐ
※調査方法:インターネット調査 調査期間:2020年10月7日~10日
調査概要:ポイント集中シミケアクリーム10商品を対象にしたサイト比較イメージ調査
調査対象:全国の20代~50代の美意識の高い女性1006名 
調査対象:全国の20代~50代の女性1010名 アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ

Kasumi.(カスミ)でシミケア※が叶う3つのメリット※日焼けによるシミを防ぐ

  • 外からのダメージを気にしなくていい。
  • 持続型ハイドロキノンを配合しているから、1日に何度も塗るという手間が省ける。
  • 就寝前に塗っても、しっかり持続する。

周りと差が出るKasumi.(カスミ)、その成分とは?

・持続型ハイドロキノン

ハイドロキノンは一般的にシミ対策※で代表的な「ビタミンC」「アルブチン」「コウジ酸」10~100倍の力があるといわれています。さらにkasumi.(カスミ)に含まれる持続型ハイドロキノンは、外からの刺激の体性があるのが特徴です。※日焼けによるシミを防ぐ

・スクワランオイル

スクワランはアイザメなど深海鮫の肝油中に多く存在する「スクワレン」という成分に、水素を添加して安定させた成分です。そんなスクワレンは人の皮脂の中にも存在しているうるおい成分です。お肌の潤いを保ち乾燥を防いだり、お肌をやわらげたりする効果があります。

・ビタミンC誘導体

ビタミンCというと美肌効果が一般的に知られています。ですが、ビタミンCそのままの状態だと不安定で酸化しやすいということをご存じでしたか?そこで、「ビタミンC誘導体」は、ビタミンCの安定性を高めるために、他の分子をくっつけたものです。化粧品の中に存在しているときは安定していますが、お肌に触れると、お肌がもつ酵素により分子が離れ、ビタミンCとなって働き始めます。kasumi.(カスミ)はそんなビタミンC誘導体保湿力の高い油溶性タイプと浸透力の高い水溶性タイプの同時配合して、明るさと透明感をどちらもプラスします。

・加水分解コラーゲン

コラーゲンはお肌の奥にある繊維状タンパク成分のひとつです。コラーゲンのままでは通常水に溶けず、化粧品に配合することが難しいので、水溶性になるよう工夫したものが加水分解コラーゲンです。そんな従来のものよりも、分子を小さくすることに成功した加水分解コラーゲン保湿効果に優れ、ハリのあるお肌を導きます。

・ヒアルロン酸Na

…体内では水分を保持する力のある物質として、ヌルヌルとゲル状のかたちで存在するのがヒアルロン酸です。保湿成分に優れています。その力はなんと、1gで水を6リットル保てるほどです。そんなヒアルロン酸を化粧品の中で安定させる形に生成されたものがヒアルロン酸Naです。コラーゲンと相性がとてもよく、若々しく引き締まったお肌をキープするのに欠かせない成分です。

kasumi.(カスミ)は毎日使うことで実感していただけるクリームです。

デリケートな目元に重点的に塗るものだからこそ、無添加づくりにこだわっています。

着色料、香料、鉱物油、エタノール、パラベン、タール色素、紫外線吸収剤を含みません。
シミ※のケアにうれしい成分だけで作られています。※日焼けによるシミを防ぐ

しかも、国内製造の信頼品質です。毎日使うものなので、重要なポイントですよね。

その他、 Kasumi.(カスミ)の全成分をご紹介
水、BG、スクワラン、グリセリン、パルミチン酸セチル、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ベヘニルアルコール、セタルコニウムクロリド、ハイドロキノン、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、アルコルビルリン酸Na、アスコルビルリン酸Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、フェニルエチルレゾルシノール、ナイアシンアミド、加水分解エラスチン、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11、PEG-75、ピロ亜硫酸Na、パルミチン酸レチノール、コーン油、クエン酸、クエン酸Na、乳酸、トレハロース、シリカ、フェノキシエタノール、ニオイテンジクアオイ花油

お客様から頂いたKasumi.(カスミ)の嬉しいお声をご紹介

・家族にさえすっぴん姿をさらすことに抵抗を感じていましたが、すっぴんでも気にならなくなり、自分に自信が持てるようになりました。
・持続力が全然違います!このクリームなら一日一回でよさそう!ずぼらな私にぴったりです。
・何歳になっても若々しくみられるのはkasumi.(カスミ)のおかげです!
・つけたはじめはぺったりと少々べたつきますが、しばらくするとしっとりと落ち着きます。

kasumi.(カスミ)の効果的な使い方

シミケアクリームを使用したことが無い人は、どのように使うのか、また使うタイミングがわからないですね。

  • kasumi.(カスミ)は洗顔後、化粧水で整えたお肌に塗るのがおすすめです。
  • kasumi.(カスミ)を適量、清潔な指に取ります。Cゾーンを中心に気になる箇所に優しくなじませます。
  • 気になる箇所には重ねづけしていただくこともおすすめです。

個人差はありますが、約3か月以上お使いいただいたお客様から多くの実感の声をいただいています。

注意事項
・化粧品は清潔な手でお取扱いください。
・傷やはれもの、しっしん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。
・ご使用中に赤みやはれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の症状があらわれたときはご使用を中止し、皮膚科専門医等へご相談されることをおすすめします。そのままご使用を続けますと、症状を悪化させることがあります。
・目や口に入らないようにご注意ください。入った場合は、こすらずにすぐ水またはぬるま湯で充分に洗い流してください。
・すすいでも目に異物感が残る場合は、眼科医にご相談されることをおすすめします。
・高温、低温、高湿度の場所または直射日光の当たる場所に保管しないでください。
・ご使用後はしっかりキャップをしめてください。
・乳幼児の手の届かないところに保管してください。
・開封後はなるべく早くお使いください。3か月前後が目安です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です