置き換えダイエット成功のポイント!やり方とおすすめ置き換えダイエット食品


痩せてきれいになりたいと思うけれど、毎日運動することやカロリー控えめのダイエット食を手作りするのはすこしおっくう。
そんなとき活躍するのが置き換えダイエットです。
置き換えダイエットの効果的なやり方や注意点、置き換えダイエットにおすすめの
「プロテインダイエットリゾット」をご紹介します。

置き換えダイエットとは?メリットは?

置き換えダイエットとは、一日3回の食事のうちの1〜2回を置き換えダイエット食品に変える方法。いつもの食事を低カロリーの置き換えダイエット食品にするだけなので、ハードな運動も難しいカロリー計算をしなくても痩せられると人気です。

置き換えダイエットの種類

置き換えダイエット食品は、ドラッグストアや通販、種類によってはスーパーやコンビニでも簡単に手に入ります。置き換えダイエット食品は調理の必要がなく、ほとんどが水や牛乳などを加えるだけなので簡単。
置き換えダイエット食品の種類は大きく3タイプに分かれます。

  • ドリンクタイプ:さまざまなフレーバーの粉末を水や牛乳などに溶かして飲む。
    イチゴ味やチョコレートなど甘い味が人気。
  • スープタイプ:お湯に溶かしてスープとして摂取するタイプ。
    コーンスープやパンプキンスープなど
  • お菓子タイプ:ゼリーやクッキーなどお菓子になっているもの。
    間食がやめられない方に便利
  • 雑炊・リゾット・ヌードルタイプ:お湯を入れて食べるタイプ。
    食事代わりになる

置き換えダイエットのメリット・デメリット

置き換えダイエットのメリットは、すぐに実行できる手軽さ。
置き換えダイエット食品さえ準備すればいつでも始められます。ほとんどの製品が低カロリーに作られているので、一日の摂取カロリーが減り、ダイエット効果が期待できるのです。


置き換えダイエットのデメリットは、置き換えダイエット食品を買うための費用が必要なこと。長い期間置き換えダイエットを行う場合、購入費用が気にかかるところ。また、置き換えダイエットは年単位で続けるものではないので、やめたらリバウンドも考えられます。

置き換えダイエット食品の選び方

置き換えダイエット食品を選ぶなら、どのような点に注意したほうがいいでしょうか。
選び方のポイントをあげてみました。

栄養バランスがとれているものを選ぶ

置き換えダイエット食品を選ぶ際は、一食分の栄養がバランス良く配合されているものを選びましょう。せっかく痩せても、栄養不足でお肌も髪も元気がないというのは困りものです。
美しく痩せるためにも、パッケージの記載をしっかりチェックしましょう。

腹持ちがよく飽きのこないものを選ぶ

置き換えダイエット食品は満腹感を感じ腹持ちがよいものがおすすめです。
また、毎日同じものをずっと食べ続けるのもストレス。
おいしくないものはつらいだけです。味がおいしいもの、フレーバーが何種類も選べる、飽きがこないなどの工夫がされているものを見つけましょう。

置き換えダイエットの注意点

置き換えダイエットは手軽がゆえに、早く痩せたくて無理なダイエットに陥ってしまうパターンが見受けられます。置き換えダイエット時に気をつけたいことをあげてみました。

3食すべて置き換えるのは危険

置き換えダイエット食品はどれも栄養バランスが取れていて低カロリーなものばかり。
早く痩せるのではという期待から、食事すべてを置き換えダイエット食品にしてしまう方が見受けられます。

いくら栄養バランスが取れているといっても、3食置き換えダイエット食品にしてしまうのは栄養不足とエネルギー不足を招きます。
長期間、置き換えダイエット食品のみを食べる生活を続けるのは栄養失調に陥る可能性があり、からだの調子が悪くなる恐れがあります。

置き換えダイエット食品はあくまでダイエットのサポートをするもの。
製品の表示通りの摂取を心がけ、メインの栄養はちゃんとした食事から摂るようにしましょう。

一日の摂取カロリーは基礎代謝を下回らないように

置き換えダイエット食品は1食あたり200kcal以下のものがメイン。
一日の総摂取カロリーを低く抑えたいからと、置き換えダイエット食以外の食事を低カロリーのこんにゃくやきのこ類、海藻や野菜などの低カロリー食品ばかりにしてしまうのはリバウンドの原因になります。

動かずに安静にしていても、内臓を動かし生命を維持するために人間はカロリー消費をしています。
これを基礎代謝といいます。
基礎代謝よりも摂取カロリーを減らすと痩せますが、カロリー不足に陥った体は筋肉を分解することで不足分のカロリーをおぎなおうとします。
筋肉が少なくなると基礎代謝が減少し、さらに痩せにくい体になってしまうのです。

リバウンドを防ぎたければ、一日の摂取カロリーを下回る食事内容は避けて。

基礎代謝を考えた範囲で栄養バランスの取れた食事に置き換えダイエットをプラスしてみましょう。

置き換えダイエットにおすすめ「プロテインダイエットリゾット」

置き換えダイエット食品は数ありますが、腹持ちと栄養バランスを重視するなら
「プロテインダイエットリゾット」が断然おすすめです。

タンパク質・食物繊維がバランスよく配合

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2020年版)」によると、一日あたりのタンパク質推奨量は18歳以上男性の場合65g、18歳以上女性の場合は50g。
タンパク質は体の筋肉や臓器、肌や髪を作り出す原料となり、からだを守るホルモンや酵素、エネルギーを作り出す大切な栄養素。
ダイエット中でもタンパク質はしっかり摂取するのが大原則です。

タンパク質は20種類あるアミノ酸が結合して出来上がります。
20種類のうち9種類のアミノ酸は人体では合成されない必須アミノ酸と呼ばれるもので、必須アミノ酸は食事からしか摂取できません。

「プロテインダイエットリゾット」1食あたりのタンパク質量が約15g含まれており、必須アミノ酸の理想的なバランスを示す“アミノ酸スコア”が100(満点)。
「プロテインダイエットリゾット」ならば、タンパク質をきちんと摂取できそう。


また「プロテインダイエットリゾット」に含まれる食物繊維は一食あたり約11g。
「日本人の食事摂取基準(2020年版)」では、食物繊維の一日あたりの推奨量は18歳以上男性の場合21g以上、18歳以上女性の場合は18g以上といわれています。
これ1食で一日に必要な食物繊維の50〜60%は補える
計算になります。

食物繊維は腸内に住む善玉菌のエサになる役割を果たし、エサを食べた善玉菌が増加することで腸内環境を整える大切な栄養素。
最近の研究により食物繊維にはコレステロールを下げる効果や、血糖値の上昇をゆるやかにする効果も確認されています。


ダイエットだけでなく健康をキープする意味でも食物繊維が豊富に含まれていることはうれしいですね。

腹持ちのよい発芽玄米と粒状大豆タンパク質を使用

発芽玄米とは米ぬか部分を除去せずに、そのまま発芽させた玄米のこと。
普通の玄米よりも栄養素が高く、ビタミンB・Eやミネラル、米ぬかに含まれるオリザノールやフェルラ酸、GABA(ギャバ)など健康にうれしい成分が含まれています。
また食物繊維が豊富で噛みごたえもあります。

また「プロテインダイエットリゾット」に使用される大豆タンパク質とは、大豆を加工してお肉のような食感を再現したものです。大豆が持つ植物性タンパク質が豊富で低カロリーなのでダイエットにうってつけの食材です。
粒状に加工することで噛むごとにひき肉のような食感が得られるのも満足感につながる理由。


発芽玄米と大豆たんぱく2つの食感の違いが、普段意識しない「噛む」運動を促します。
よく噛むことで満腹中枢が刺激されて「お腹がいっぱい」と感じるホルモンが排出されます。
満腹感を感じることができれば、食べ過ぎブレーキが掛かってダイエット効果が期待できるというわけです。

美容にうれしい成分配合

置き換えダイエット食品を選ぶ上でチェックして欲しいポイントは、含まれている栄養バランスとカロリーだと前項でも説明しました。
付け加えるなら、美容に役立つ成分が含まれているかどうかもチェックして欲しいところ。
実は置き換えダイエット食品それぞれが持つ商品の特徴が一番表れるところなんです。

「プロテインダイエットリゾット」は、1回の食事に必要なビタミン11種類とミネラル5種類を配合。ダイエット時に不足しがちな栄養をバランス良く配合しています。
さらに美容をサポートする成分も配合しているのがポイントです。

  • コエンザイムQ10:抗酸化作用が期待できる
  • 大豆イソフラボン:お肌のキメを整えつややかな髪に導く
  • GABA(ギャバ):ストレスや騎楼を和らげる
  • オルチニン塩酸塩:疲労回復時に役立つ効果が期待できる



ダイエット中はスタミナを落とすことなく、きれいになりたいもの。
美容にうれしい成分が配合されているのはダイエット中の心強い味方ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です